Service & Solution

サービス・ソリューション

Oracle Primavera P6 Professional 標準トレーニング

目的

Oracle Primavera P6 Professionalを用いてCPM(クリティカル・パス・メソッド)に基づくスケジュールの作成から進捗の更新までの一連の流れを実機の操作を通して学習します。

目標

P6 Professionalの基本的な用語と操作方法について理解し、CPMスケジュールの作成と作成したスケジュールに対して進捗の更新、スケジュール全体への影響の確認方法を理解することができるようになることが目標です。

受講対象者

  • 初めてPrimavera P6をご利用になられる方
  • 今後、Primavera P6を利用して以下のような作成/閲覧作業を行う必要がある方
  1. CPMスケジュールの作成を担当する方
  2. 毎月の進捗更新とレポート出力を担当する方
  3. プロジェクトメンバーとしてP6 Professionalの操作を担当する方
  4. スケジュールを受領・確認・コメントを行う担当の方

カリキュラム概要

1. 概要-講義形式

学習する対象の「プロジェクト」の定義および考え方、本講習会の操作の学習対象となっているP6 Professionalの概要について理解します。

  • プロジェクトとは?
  • プロジェクトマネジメントプロセス
  • P6 Professionalの概要
  • グローバルデータ/プロジェクトのデータ

2. 計画作成(SchedulingとResource Management)-ハンズオン形式

プロジェクトの新規作成から、WBSの構築、アクティビティ(タスク)の依存関係に基づいたCPM(クリティカル・パス・メソッド)を用いて、ベースライン・スケジュールを作成する手順を学習します。

  • プロジェクトの新規作成
  • WBSの作成
  • スケジュールの作成
  • リソースの登録と割当
  • プロジェクト計画(ベースライン)の確定

3. 進捗の更新と今後予想(Progress Update & Control)-ハンズオン形式

毎月のレポートのために、計画に対して進捗を入力し、現在の進捗がスケジュール全体にどのような影響を及ぼしているかを把握する方法を学習します。

  • 実績データの入力
  • スケジュール遅れの調整
  • パフォーマンスの分析と今後予想

開催概要

  • 受講者は講師説明のもと、弊社オリジナル・テキストを参照しながらP6 Professionalの操作を学習します
  • ご要望日程に合わせ、オンライン講習、弊社セミナールームご来場またはお客様先出張による集合研修にて開催しております
  • 1開催につき受講人数は最大6名を基本としております。6名を超える受講のご希望は別途ご相談となります

1. オンライン開催

  • Web会議システムを通して、講義とP6 Professionalを操作するハンズオンを織り交ぜて行います
  • ハンズオンはクラウド上のP6 Professionalを操作いただきます
  • 4h×3回、または3h×4回の12時間の講義となります

2. 弊社セミナールーム/出張形式

  • 対面にて講義とP6 Professionalを操作するハンズオンを織り交ぜて行います
  • ハンズオンはP6 Professionalが導入された弊社用意のPC環境を操作いただきます。出張形式の場合、ハンズオン用PCを会場へ送付いたします
  • セミナー会場にて連続した2日間の講義となります

お問い合わせ

 TIS千代田システムズ株式会社 
営業お問合わせ
サポートお問合わせ
ポータルサイト

関連リンク

Primavera ファミリー概要

世界164ヶ国、75,000社以上で導入されているプロジェクトマネジメント・システムです。 建設・エンジニアリング・設備保全・製品開発・研究開発・通信・システム開発などの業界から、 その実力が高く評価されています。
「Primavera ファミリー概要」詳細はこちら

Primavera P6 EPPM

世界164ヶ国、75,000社以上で導入されているプロジェクトマネジメント・システムです。 建設・エンジニアリング・設備保全・製品開発・研究開発・通信・システム開発などの業界から、 その実力が高く評価されています。
「Primavera P6 EPPM」詳細はこちら

プロジェクトマネジメント支援サービス

TIS千代田システムズでは、プロジェクマネジメントのツール販売に加え、貴社へのプロジェクトマネジメント文化の定着に向けた支援サービスを充実させております。
「プロジェクトマネジメント支援サービス」詳細はこちら