Service & Solution

サービス・ソリューション

PROJECT CLOUD

プロジェクト管理に特化した
クラウド基盤

PROJECT CLOUD™は海外プロジェクトのスケジュール作成・提出やリスク分析、コスト管理に多く利用されるOracle Primavera P6(スケジュール管理), Risk Analysis(リスク分析), ARES PRISM G2(プロジェクトコスト管理), EcoSys(プロジェクトコスト管理)などのソフトウエアをホスティングによりクラウド化し、セットアップから運用保守・ユーザーサポートまでをワンストップで提供するサービスです。

ご活用事例

  • すぐに立ち上げる必要がある「ジョイントベンチャー(JV)プロジェクト」のプロジェクト管理基盤としての利用
  • 統一システムの決定が難しい複数の企業で構成される「コンソーシアムプロジェクト」の管理基盤としての利用
  • 企業または組織単位のプロジェクト管理基盤を検討中のお客様
  • 海外・国内現場、本社・事業所など離れたサイトとの情報共有やステークホルダーとのプロジェクトの情報共有の基盤としての利用

特長

  • セットアップから運用保守、サポートまでワンストップのサービスです。面倒なサーバの手配やサーバに必要なスペックの検討、保守・運用サポート体制に頭を悩ます必要はありません。
  • ホスティングに対応するアプリケーションは100種類以上。日本人には馴染みのない海外のプロジェクト管理ソフトウエアにも対応するため、施主やJVパートナーなどからソフトウエアの指定があった場合もお任せください。
  • ホスティングするアプリケーションのライセンスはそのままご利用ただけるため、クラウド用に新たに買いなおす必要はなく、お手持ちのライセンスを有効にご活用いただけます。
  • ブラウザ・ベースのアプリケーションはもちろん、通常利用者の端末にインストールが必要になるクライアント・サーバ型のシステムもアプリケーションのインストール不要でご利用できます。
  • 同じデータに多拠点からアクセスできるため、例えばPrimavera P6などのスケジュールデータのファイルでのやり取りが不要になります。

セキュリティ

PROJECT CLOUD™の基盤は国内のTier4データセンターを使用しており、利用者とデータセンター迄の通信は高度な暗号化が行われます。P6などPROJECT CLOUD™クラウドポータルにホスティングされているアプリケーションは、PROJECT CLOUD™基盤の認証情報とシングルサインオンとなっており、PROJECT CLOUD™へログインするだけでアプリケーションにシームレスにログインできます。
利用者のログインは標準のユーザーIDとパスワードのほかに、2重認証の仕組みや社内認証管理システムとの連携ができるオプションの追加が可能です。これにより社内システム上のユーザーアカウントを無効化すると、PROJECT CLOUD™上のアクセスも無効化するなど、セキュリティの確保とユーザー管理の手間を軽減できます。

また、PROJECT CLOUD™のポータル上にはどのユーザーがいつ・どこから・どのアプリケーションにどれだけアクセスしているか、お客様が確認できる仕組みが標準で提供されます。アプリケーションの利用率などの情報が収集できるため、ライセンスの効率的な利用が可能です。

  • パスワード・リセットポリシー(60日で強制変更)
  • 128bit SSL, Secure CAによる暗号化通信
  • ISO/IEC 27002:2005, SSAE 16 SOC 2準拠
  • 不正アクセス監視システムの実装
  • 物理的、論理的なセキュアDMZ構成

サポート支援機能

問題が発生した場合、ソフトウエア、環境、データ、使い方の問題など、原因がどこにあるかの切り分けが大変です。パッケージソフトになると、さらに問い合わせ先がたらい回しになることも多くユーザーにとって解決までに時間や労力がかかります。

PROJECT CLOUD™ならアプリケーションや問い合わせ内容によらず専用の統合ポータル画面ひとつ。専門スタッフが問題の切り分けを行いますので、問い合わせ先に迷うことはありません。

教育支援機能

PROJECT CLOUD™はシステムの操作方法を習熟するための教育支援機能が標準で用意されています。
ご自身で作成した操作説明動画や研修ビデオ動画を掲載することができ、ユーザーに公開することができます。ユーザー教育やサポートなどの負荷が軽減できます。また、運用ルールの説明などにも活用できます。

ユーザーアクセス管理機能

クラウド上のシステムのアクセス管理・アクセス履歴の確認も充実しています。
一般ユーザーと管理者ユーザーに分かれており、管理者ユーザーは新規ユーザーの登録はもちろん、管理者ユーザーの変更や誰がどのアプリケーションを利用できるようにするのかなど、都度弊社へ依頼することなく、行うことができます。

レポート機能

PROJECT CLOUD™には利用ユーザーの一覧やユーザーサポートの対応状況の確認、アプリケーションの利用状況を確認できるレポート機能が用意されています。
誰がどのくらい、いつ、世界のどこからどのアプリケーションを利用しているのか、など確認することができます。

対応するグローバル・パッケージ(一例)

プロジェクトでこれらのアプリケーションを利用する場合、PROJECT CLOUD™ならセットアップ、教育、ユーザーサポート、システム運用保守は心配ありません!

標準対応アプリケーション

ARES PRISM G2, Tableau, Oracle Primavera P6 EPPM, Oracle P6 Professional, Oracle Risk Analysis, Oralce Primavera Analytics, Oracle Primavera Unifier, Oracle Primavera Contract Management, Oracle BI Publisher, Oracle Web Center, EcoSys, Microsoft Projects, Microsoft SharePoint, Microsoft Office, AUTODESK AutoCAD, Adobe Acrobat 他

上記に加えて、お客様独自のシステムや市販の製品などをホスティングすることも可能です。
ご相談ください。

PROJECT CLOUD™ / 一般的なホスティング / オンプレミスとの比較

PROJECT CLOUD™はハードウエアだけでなく、アプリケーションに適したパフォーマンスチューニングやバージョンアップ作業など、運用にあったって後々必要となる内容も含まれています。

お問い合わせ

 TIS千代田システムズ株式会社 
営業お問合わせ
サポートお問合わせ
ポータルサイト